Hatena::Groupkusakari

今日の草苅 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-12

時をかける少女

| 04:12 | 時をかける少女 - 今日の草苅 を含むブックマーク はてなブックマーク - 時をかける少女 - 今日の草苅 時をかける少女 - 今日の草苅 のブックマークコメント

先月(?)テレビで放送していたものを録画しておいたのを見ました。

この映画を見るのは二度目でしたが、昨日のトップランナーでの細田守監督の話や、Wikipedia などで情報収集していたこともあり、新鮮な気持ちで見ることができました、そして、やはり“青春”映画の傑作だと思いました。

この映画で感動してしまう大きな要素の一つは音楽だと思います。特に奥華子さんの歌う主題歌「ガーネット」と挿入歌「変わらないもの」は映画とシンクロしていて素晴らしく良いです。テレビで初めて放送した際に、オリコンチャートに圏外から再登場したというのもうなずけます。僕も思わず iTunes ストアで買ってしまいました。

「変わらないもの」は劇中の重要な場面で流れるのですが、まるでその場面のために作られたのかと感じてしまうほど違和感がありません。それでいて、曲に存在感があります。また、音楽だけを聴いても「時をかける少女」の場面やセリフが頭の中で強烈にフラッシュバックして切ない気持ちになります。もちろん、映画も音楽もどちらも良いのはいうまでもありませんが、ここまでうまく一つの作品として一体化し、お互いを高めあっているのは本当にすごいと思います。

なんというか、あまりにすごいものを見せられると、自分の無力さだけが感じられて恐くなるんだと思いました。特に奥華子さんの曲にそう感じました。同じ細田守監督の映画であるサマーウォーズを見たとき、なにかもうひとつだと感じたのは、もしかしたら音楽の差だけなのかもしれません。


まだ見ていない人がいたら超おすすめです。